ハリや弾力をつくるコラーゲン

コラーゲンってホントに肌に良いの?

コラーゲンは、お肌(真皮)や骨、靭帯等を構成するたんぱく質の一つで、身体の全たんぱく質の約30%を占めています。 体内のコラーゲン(生コラーゲン)は三重らせん構造をしていて、体の各部位を支える強さと、水分をたっぷりと保持する能力を備えています。 特に、お肌の土台である真皮層には多くのコラーゲンが存在し、土台としての役割を果たしています。お肌のハリや弾力は、見えない真皮で頑張っているコラーゲンが支えていると言っても過言ではありません。

一方「うるおっている(健康な)お肌」と「乾燥している(荒れている)お肌」の違いってご存知ですか? 実は、どちらのお肌も真皮層に含まれる水分量はほとんど同じで、主な違いは角質層内の水分量なのです(角質層の乾燥度合に応じて表皮細胞層の水分量も影響を受けますが、元の原因は角質層の水分量にあります)。
本来角質層にコラーゲンはほとんど存在しません。しかし、水分をたっぷり保持できる生コラーゲンを角質層に届けることができれば、角質層への水の供給源として極めて有効です。 加えて、生コラーゲンであれば、角質層にハリや弾力を与える源にもなれます。

コラーゲンには様々な型が存在しますが、その中でお肌の健やかさに関わる主なコラーゲンは二つです。 一つはⅠ型コラーゲンで、骨に大量に含まれ、真皮にも多く含まれています。皮膚の強さや硬さ、弾力に関わり、最も大量に存在しています。 もう一つはⅢ型コラーゲンで、Ⅰ型と共存し、細かい網目状の構造を形成しています。お肌のやわらかさや弾力に関わり、赤ちゃんのお肌に多く含まれますが、年齢と共に減少してしまいます。

生コラーゲンは、肌のうるおいを保つ重要な物質
フェース生コラーゲンのヒミツ